GVIDO

STORY

1,000 years

音楽の世界共通言語である楽譜。
その原型は、11世紀イタリア、
修道士のグイド・ダレッツォによって考案された。
それから1,000年にわたり、
楽譜は紙に刻まれ、愛され続けた。

Dream

音楽を愛するすべての人のために、
楽譜に新たな進化を。
同じ願いを持った多くの技術者や音楽家、
デザイナーたちが集結し、
楽譜専用のデジタル端末の開発が、
まさに白紙の状態から始まった。

Passion

紙の楽譜と同じ2画面サイズを絶対条件に ——
たくさんの楽譜を軽く持ち歩けること。
長時間見ても目にやさしいこと。
書き込みも自在にできること。
質感やフィーリングを、使い慣れた紙の楽譜に
近づけること。閉じる時の音までも。
先進技術はもちろん、音楽家たちの感性や知恵が、
惜しむことなく注ぎ込まれた。

Born in Japan

21世紀のテクノロジーと
音楽を愛するがゆえのこだわりが、結実。
紙の楽譜一冊と変わらない重さ660gで、
約4,000曲の楽譜を取り込める2画面電子楽譜。
紙ゆえの不便から解放し、
紙の良さはそのままに、
できることは紙を大きく超えて。
楽譜の生みの親、グイド・ダレッツォに敬意を表し、
“GVIDO”と名付けられる。

Start GVIDO !

GVIDOは単なる「楽譜」ではない。
世界中の楽譜が、その場で手に入る。
オーケストラやバンド仲間と、
楽譜・書き込みを簡単にシェアできる。
GVIDOは、音楽活動を支え、音楽文化を創造する
新たな「仕組み」として生まれた。
その未来は、音楽を愛するあなたと共に
まだまだ大きく広がっていく。

OFFICIAL SNS